本文へ移動

各地域婦人会活動の様子(ミニ瓦版)

県内の各地域婦人会活動をご紹介します

島根県婦人会をご紹介

島根県連合婦人会では年に1度全会員へ向けて広報誌「婦人志まね」を発刊しております。
広報誌では限られた頁と文字数の制限があり、載せられないほど多くの地域活動が存在しております。
 
そこでホームページを活用し (情報共有)
ミニ瓦版として各市町地域婦人会の日頃の活動をお届けしたいと思います。
 
情報については
随時募集しておりますので是非事務局まで(^^♪
 
Tel 0852-23-8181 Fax 0852-26-8828
Mail fujin8181@fujinkaikan.or.jp
 
 

婦人会ミニ瓦版

RSS(別ウィンドウで開きます) 

江津市和木地域婦人会『秋祭り花傘作り』

2021-10-26
活動の趣旨/目的

 和木町の秋祭りに婦人会の花傘を立て、祭りを盛り上げよう!

感想/まとめ

 コロナ禍で会員が一緒に活動する機会が減っている中、皆さんの協力を形にし、秋祭りを
 少しでも盛り上げることができればと企画しました。婦人会として初めての取り組みでした。
 
 10月2日に28名で花紙を折る作業、10月10日に29名で花を開き傘骨(竹)につける
 作業をしました。普段はあまり活動に参加されない会員(会費会員)も参加されたことが、今回の
 一番の収穫でした。
  
 天気にも恵まれて、まちづくり協議会の花傘と並んで設置されました。
 参加された会員は、自分が折った花が大きな花傘になったのを見て、達成感を感じることが
 できたようです。
  また、花傘の前には、秋の交通安全運動の際に作った案山子に祭りの法被を着せ、婦人会の
シンボルとして設置しました。


江津市和木地域婦人会 『敬老の日事業「紅白あんぱんまき作り」』

2021-09-24
(活動の趣旨/目的)

和木町連合自治会主催の敬老の日事業に協力し、和木婦人会として敬老者へ感謝の心を伝えるために、ロシア祭りの際に作っている「あんぱんまき」を、「敬老の日限定紅白あんぱんまき」にして製造し、敬老者265名に贈る。

(感想/まとめ)

令和1年度に初めて実施しましたが、昨年はコロナ禍のため断念しました。
 
今年度はコロナ対策として、
  ① 必要最小限の人数、又、作業の時間を分けることで密を回避する。
  ② 令和1年度の時より大きさを少し小さくすることで、製造時間を短縮する。
      ③作業者の手指と器具の消毒・検温を徹底する。
  ④ マスク着用の上、会話は最小限とする。
   など、工夫をすることで実施することができました。
 
  制限がある中での作業を通して、
  今まで当たり前のようにやってきていたことの改善点に
  気づくことができたことは、大きな収穫でした。


 
  敬老者の皆さんからお礼の言葉をたくさんいただき、達成感を感じることができました。

松江市連合婦人会/松江市交通安全母の会連合会 女性が輝く交通防犯PR活動

2021-09-17
9月17日(金) 山陰中央新報に掲載されました。

秋の全国交通安全運動(21~30日)を前に取組を周知し事故を防止しようと、
女性が輝く交通防犯PR活動についてです。

9月16日(木) 松江市袖師町、とるぱ駐車場にて

松江署、松江市交通安全母の会、市交通安全協会のメンバー約30名参加。
2,714人分の交通安全決意書署名簿提出。




吉賀町柿木地域婦人会 「寺子屋修業」

2021-08-25
(活動の趣旨/目的)
夏休みを利用して小学生4年~6年の男女の子供達へ
親や先生、メディアを離れて地域の人達と一緒に楽しもう
7/27(火)1日目 座禅、滝修業  7/28(水)2日目 掃除、川遊び

(感想/まとめ)
家や学校と離れる事で解放された気分になり、また座禅や滝にうたれる事で自分を見つめたり集中する事が身につきます。
本来なら2泊3日ですが、コロナ禍において通いの2日間となりました。
小学生13名、中学生5名のボランティア参加、スタッフ18名(公民館、お寺、地域の人、婦人会)


松江市東出雲町地域婦人会 地雷撲滅運動『ちょうちょキャンペーンの普及』

2021-08-19
8月19日(木) 山陰中央新報に掲載されました

「地雷撲滅運動」ちょうちょキャンペーンの普及啓発についてです

8月18日(水) 東出雲保健相談センターにて研修会がありました
地域住民、中学生、44名の参加がありました


一般財団法人島根県婦人会館
〒690-0874
島根県松江市中原町19番地
TEL.0852-23-8181
FAX.0852-26-8828
 
0
4
4
7
4
7
TOPへ戻る