本文へ移動

各地域婦人会活動の様子(ミニ瓦版)

婦人会ミニ瓦版

消費とくらしの安全室委託事業 エシカル消費研修ツアー 出雲市連合婦人会

2023-12-28
奥出雲で学ぶエシカル消費
日時:令和5年11月19日(日) 9時~16時半
参加:出雲市連合婦人会・雲南市連合婦人会・奥出雲町連合婦人会・地域の方々
     大人50名 子ども10名
行程:
9時 出雲市 バスで出発 ~奥出雲町多根自然博物館へ 
10時~11時 親子で地球の自然を学ぶ
11時~15時 雲南市・奥出雲町・出雲市と合流 古民家百姓塾2棟で 
60名で昼食作り+研修会+交流会  30歳代から80歳代が一緒に
15時~奥出雲町道の駅~16時半 出雲 到着 

内容
◎皆で大地を壊さない奥出雲産の有機野菜・有機味噌・有機米を使った味噌汁の昼食作り
◎こだわりの平地飼い卵生産者 宇田川さんのエシカルな地域活動のお話
◎島根県消費者センターの「未来を変えるエシカル消費」のパンフレットで学習
◎参加者全員が発言する自己紹介も含めた交流会
◎奥出雲町の道の駅でのエシカルな買い物

感想
 出雲市連合婦人会は9時にバスで出発しましたが、なんとまあ笑いだらけ、賑やかなお話の連続であっという間に到着しました。ずっと待っていたよー楽しみにしていたよーととっても元気の良い会員たちの笑い声からのスタートでした。

多根自然博物館で子供達が楽しんだ後、古民家百姓塾で雲南市・奥出雲町の皆様と合流し一気に昼食作りが始まりました。日頃から地域で活躍しているメンバーの動きは素晴らしく地域を超えて協力し合い、とってもおいしくて体に良い昼食ができました。協力できる子供達は一緒に野菜を切ったり、小さい子供たちはお母さんの横で遊びながら待っていたり、2棟ある沢山の部屋を全て使い切って過ごしました。

エシカル消費チラシを活用して学習し、地球のあり方にこだわる産物や平地飼いの卵の生産者の宇田川さんの講話は、種々の経験からかとても説得力のあるお話でした。

有機米にたまごかけごはん、有機野菜のお味噌汁、地元のたくあん漬けは最高のごちそうとなりました。
その後、全員が自己紹介を含めエシカル消費のお話したり婦人会活動などについて話をし合い、30歳代から80歳代の皆さんの交流会となりました。帰りのバスを降りるまで、楽しかったし勉強になったと喜びで溢れていました。

その後もその時に出会った人々同志の交流が始まったと伺いました。仲間との最高な時間を通して、消費する品が大地や地球にやさしい育ちで出来ていること、CO2を沢山排出しない地元の品を選ぶ事もエシカル消費であったり、それを実践している生産者さんやその地域に触れることが出来たことは、賑やかな皆さんから沢山の発信に繋がることでしょう。

波及効果がある事業が助成により出来ました事に感謝申し上げます。


一般財団法人島根県婦人会館
〒690-0874
島根県松江市中原町19番地
TEL.0852-23-8181
FAX.0852-26-8828

 
0
6
3
8
4
2
TOPへ戻る